初めての通水検査 痛さと注意事項




不妊治療の代表的なものに、卵管の詰まりを検査する
通水検査卵管造影検査があります。

ネットではとても痛い検査として有名ですが
この検査を受けると、詰まりが一時的に改善されて
妊娠しやすくなるゴールデン期間がやってきます。

通水検査と卵管造影検査の違いとは

通水検査は
生理用食塩水を子宮に流し、その圧で通り具合を確認します。
〇⇒体への負担が比較的少ない。
×⇒詰まりの箇所など詳細不明

卵管造影検査は
管(カテーテル)を入れてバルーンにして固定した後、造影剤を流しレントゲン撮影をします。
〇⇒詰まった箇所や子宮の状態が分かる
×⇒体への負担が少しある。

子宮外妊娠を経験している私にとっては
まあ、詰まっているだろうなということと
体外受精を希望なら通水検査で十分だろうという医師の判断でした。

通数検査前にしておくこと

卵管造影検査でも通水検査でも
どちらも必ず事前に済ませておかないといけないことが1つだけあります。

それは

クラミジア検査です。

子宮口から液体で子宮を満たすので、その際にもしクラミジアが子宮口にあると
体の中へ菌を送り込むことになってしまうからです!
想像するだけで恐い( ゚Д゚)

なので、クラミジア検査を済ませておきましょう!
ただし!

市が行う無料の検査は通水検査には利用できませんでした。


無料だからええじゃないのこれからお金もかかるし!と思って
陰性結果を持参したのですが。
尿検査のクラミジア検査はNGでした!

仕方なく産婦人科で検査を受けましたが
費用はたった1500円!と結果も早くて拍子抜け。

皆様もどうぞ産婦人科で受けて下さい^^

 

実際に体験した通水検査の痛み

痛みに弱いビビりの私は、

詰まっている人は激痛!とネットにある体験談を読んで憂鬱だったのですが
終わってみたら私でも耐えられました。
流産の時に処方されたラミナリアの方が3倍痛かった

(でも20代で受けたレーシック治療の方が10倍痛かった!!!
もちろん麻酔しているのに、10%の敏感な人は痛みを感じるということでした。。。)

病院によりそれぞれですが、こちらでは痛み止め座薬を使用。
先にそれを処方して待つこと30分。

いつも通りに内診台へ
じゃあ食塩水を入れていきますね~と言われてから
最初の2,3分が一番痛かったです(T_T)
痛みは生理痛の一番ひどい腹痛、ズーンと響くような重い痛さがきます。

終始看護師さんが優しく声をかけてくれて
念のために顔を覗いてくれるのも、ありがたい。

その後は痛みがましになり5分程で終了

痛みの逃がし方とは

事前に教えてもらったのは
絶対に息を止めず、目を閉じないこと

体が閉じてしまう所へ無理やり液を流し込むのは大変だそうです。

出産でもないのに、ひーひーふーと音を立てて息をしていましたら
打たれ弱い敏感な私でも乗りきれました!

この日のお会計
1790円!!!??

え!

通水検査して半日がかりでしたけど!?と会計で質問するも
一般的に通水検査は3000円
卵管造影検査は8000円程度だそうでした。

これで念願のゴールデン期間へ入れるなら
なんだかお得な検査の気分♪


コメントを残す