煉瓦造りのチョコレート工場の跡地、ギラデリスクエアで頂く絶品パフェ



煉瓦造りのチョコレート工場の跡地、ギラデリスクエアで頂く絶品パフェ

ギラデリはアメリカを代表する老舗チョコレートブランド

1852年イタリアでお菓子の修行をしていた
ドミンゴギラデリがサンフランシスコへ渡り
一号店を開いたのが始まりです。

フィッシャーマンズワーフのある海を見下ろす小高い位置にあり、
雰囲気のある煉瓦造りの建物には、
センスの良い雑貨店や西海岸らしい洋服屋
ジュエリーショップなど約20店舗が集まっています。

ハロウィン仕様の園内はまるでお祭りのよう。

ホームメイドなチョコレートパフェ!

どれも同じに見えてしまう、
グラスに盛られたパフェメニューには
サンフランシスコの観光名所の名前が付けられています。

これのどこがツインピークスなん!?と思わず突っ込んでしまうほど、全く似せようとしていないのも可愛い。

平日にも関わらず、甘い匂いが立ち込める店内は大繁盛で、
座る場所がないほど。
それにも関わらず、
スウィーツの似合わない大きな体の黒人のウェイターさんが
のんびりと鼻歌で大雑把に片していて、この感じがアメリカらしいなとほのぼの。

後ろの席では小さな白人の女の子達が、
自分の顔より大きなパフェを1人1つ頬張っている姿も。

私たちは、『PAINTED LADIES』と名付けられた
パフェ($11.95)を2人で分けて食べることに。

少し温かくて濃厚なチョコファッジ
チョコチップ入りのビターなソフトクリームが何層にもなったパフェは、
掻き出すうちにしっとりしたブラウニーや
ふわふわの生クリームなどいろんな素材が混ぜられ、
一口一口違う味を発見し楽しめました。

見た目で想像していた、喉が痛くなるような冷たい甘さではなく、
何故かほっとするような懐かしい優しいチョコレートの味。

例えば、アメリカの家庭でお母さんの
愛情一杯の濃厚なホットチョコレートのような、
体に深く染み込むホームメイドな優しい甘さがギラデリのパフェにはありました。

日本に戻ってからも
あのふわふわした優しい温かさと甘さが恋しくてたまりません。
私は死ぬまでにもう一度頬張りたい!

ギラデリ割引券はケーブルカーチケットに

ケーブルカーチケットの裏に、
ギラデリのお店で使える10%ディスカウントがプリントされていました。

カフェ以外でもお土産店でも使うことが出来ます。
捨てずにうまく活用してみて下さい。
歩き疲れた体に優しい甘さが癒してくれること間違いありません!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です