スポンサーリンク


レストラン『アルバトロス』

コスタデリチョーザ後方の2階と3階の吹き抜けに位置し、混雑時や朝食では大抵相席になります。それも旅の醍醐味ですね。
色んな国の夫婦や家族の在り方をいっぺんに見ることが出来る場所です。
乗船時に『コスタカード』を渡されますが、そこに指定の時間が書かれてあるので、その時間にレストランに行くと全席指定で案内してくれます。

ウェイターさんにお願いすると日本語メニューを持ってきてくれます。
前菜からデザートまでフルコースの料理がサービスされ、毎日違ったコンセプトでテーマを楽しむことが出来ます。
約3つの種類の中から1つ1つを選ぶ方式で、例えば3つの種類のスープから野菜スープを、5つの種類のメインデッシュからチキンソテーを選ぶという方式です。
驚くことに、ウェイターさん一人で10テーブル約30人ほどを見ているのです。
そして飲み物からフルコースのメニューを全てオーダーを記録し覚えて一人でちゃんとその人の元へ異なる料理を運んできます。
オーダー中に悩みだす人もいて、恐ろしく非効率なこのシステム!
うーん!待ちきれない!
最初の前菜にたどり着くまでに最低1時間はかかります。
中華屋さんみたいに、オーダー用紙にチェック付けとくやん!って
日本人にとっては信じられない長さでしたが、海外の方は普通の様子。みんな優雅にワインとおしゃべりを楽しんでいるようでした。

『アルバトロス』=2H という方程式が成り立ち、私たちはもっぱらテラスのビュッフェへ出かけていました。
無料レストランだからでしょうか、有料レストランを利用された方に聞くとすぐに料理が出てきたとのことでした。
すんごく頑張って料理を3段重ねで運ぶウェイターちゃん!もうちょっとテーブルの持ち数を減らして上げて欲しいです。。。

そんな待ち時間の中の楽しみは、へんてこりんな日本語メニューを読んでなんやそれ!?と突っ込むことでした。
毎回料理長がこだりのテーマでメニューのコンセプトを伝えてくれるメニュー。
『コルク樫下から聞こえる羊飼いが奏でるlauneddasはその音色を通し、遠い青春時代を思い起させます。忠実な犬が足元に座り、片方の目は穏やかな群れへと注がれています』
うーん!なんじゃこりゃ!何回読んでも意味が分からん!
むしろここのコンセプトの文章が気になって肝心の料理内容が入ってこない。
あーだこーだ言いながら、難解コンセプトを自分なりに解釈する時間もまた醍醐味です。是非船で実物を見てもらいたい!名物日本語メニューでした!
スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です