【エーゲ海クルーズ船】コスタ解説①乗客編



いよいよ憧れのコスタデリチョーザへ乗船!

コスタデリチョーザ以外にもある、地中海クルーズ船

クルーズ旅行は決定しても、肝心の船はどれにしようかな?と迷われる方も多いのではないでしょうか。

エーゲ海クルーズで代表的な船には、
MSCシンフォニア
ノルウェージャン
コスタデリチョーザが挙げられます。

MSCシンフォニアは、3つの中では一番新しい1987年に誕生!
イタリアナポリで設立しますがその後はスイスに本社を置くスイスの船

ノルウェージャンは、3つの中では一番大きな会社
世界各国で展開されるカジュアル路線のクルーズ船で、
本拠地アメリカのマイアミで1966年に創業したアメリカの船

コスタクルーズは、もともとは貨物船から始まり、
この中では一番老舗の1853年創業、
イタリアジェノバに本拠地を置くイタリアの船

どこの国の船が良いのか、、、さっぱり分からん、、、と
3つの船に悩む私達の決め手となったのは、
HISのアドバイザーの方から、
コスタデリチョーザの『デリチョーザ』とは
イタリア語で英語のdeliciousの意味料理にこだわっている!と。

やっぱり同じ地中海を走るクルーズ船にも、お家柄が出るのだろうなと思い、
3食を頂くなら一番食べたいものを出してくれるところにしよう!と決めました。

実際に食事にはとても満足し、レストランの様子や室内などはこちらの記事など、
コスタ解説をご覧ください^^

【エーゲ海クルーズ船】コスタ解説③食事編(ビュッフェレストラン)

旅行前に実際の部屋や料理、設備など、コスタデリチョーザの情報が調べてもあまり出てこなかったのでこちらに記録してみます。参考にしてもらえると嬉しいです!

デッキ頂上にある『C』の文字が鮮やかに輝くシンボルマークのコスタデリチョーザ

最大乗船数2826人、全長294m、船室1130室、12階建て

搭乗前、船の全長が見たくて歩きましたが、端から端までが遠すぎ地中海の射すような太陽にやられ断念したほどです。

しかし、これでも豪華客船と言われるクルーズ船の中では小さく、
その理由はヴェネチアの港が浅く船底がついてしまうので大きさには制限があります。

実際に乗ってみて思うことは、

コスタデリチョーザはイタリア人のイタリア人によるイタリア人の為の船!!!!です!!!

と言うと語弊があるかもしれませんが!ごめんやで!率直な感想です。

というのも乗客の半分はイタリア人その次に多いのがフランス人、続いてスペイン人とブラジル人、そして日本人、その後韓国人と続きます。
「あれ!?アメリカ人が居ない、、、!?」不思議なことにアメリカ人はゼロです。
みんなノルウェージャンに乗ってるんだろうな。。。

はい!コスタデリチョーザの乗客の多くがイタリア人の団体じいちゃんばあちゃんでひしめき合っています。
年齢層が60代前後の方が多く見受けられました。
デッキアナウンスや劇場の進行、劇場の催し物、全て最初にイタリア語でアナウンスされたのち、ちょろっと英語が付け加えられます。
「いやいや、もっともっとテンション高くいっぱい喋ってやん!?」と突っ込みたくなるほどの、
あっさりとした英語が最後に添えられるのです。

実際にみんなどんな服装!?初めてのドレスコード

クルーズ旅行では、普段あまり気にすることが少ない『ドレスコード』というものが、イベント内容によって設定されています。

例えば『ホワイトナイトパーティー』では全身を白で装ったり『赤、緑、白』といったイタリア国旗の色を指定されたり『フォーマルデー』など、
毎日投函される船内新聞に参考の服装について記載され、ファッションにテーマを持たせることでみんなでもっと楽しもう!という企画です。

普段全身ユニクロの私達夫婦は、『ドレスコード』という未知の響きにこれまた慌ててユニクロでパーティードレスとスーツを新調して備えていましたが、船の大半を締めるイタリアのじいちゃんばあちゃんはそんなことはお構いなしです。

リラックスしたアロハシャツと短パンにサンダルを合わせてサングラスをかけ、ワイワイデッキで盛り上がっている様子に、ここは広いエーゲ海だな~と自由な風が心地よく感じます。

余り『ドレスコード』を気にしすぎなくて良かったかなと思いました。
後から思うと、タキシードやドレスよりも日本人ならではの、ちょっとした着物や浴衣、甚平などを着用するのも、船の中ではきっと凄く粋なのではないでしょうか。

イタリアの人にとってコスタデリチョーザの位置としては、きっとご近所さん同士で誘いあって、瀬戸内海回る?みたいな感覚で、コスタ乗っとく!?
ちょっと綺麗な景色見に行くついでにお風呂とプール付きの船乗る!?
孫も連れてさ!みたいなノリで来れるような『大衆浴場付きお船』という位置づけなんだろうな~と、陽気なイタリア人達のカジュアルな服装を見て妙に納得しました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です