暮らすように旅して知るサンフランシスコ



暮らすように旅して知るサンフランシスコ

サンフランシスコの人々の暮らし

同じアメリカでも州によって法律も異なり、
日本の関西や関東でも違うように
西と東では住まう人々の好みや街の雰囲気が全く異なります。

西海岸はどちらかというと陽気で健康的なオーガニック志向
休日には近場の美しい海でマリンスポーツをしたり
森や広場はピクニックを楽しむ家族で溢れています。

出会ったサンフランシスコの人々

旅行中、特に人が優しいことにびっくりしました。
ガタイの良いスキンヘッドに大きなピアス姿やアフロの黒人。
英語に不自由する私にとっては、2倍増しで怖そうに見えるのに
なぜか彼らはもの凄く謙虚。

すれ違いざまに少しでも当たりそうそうになれば
あ!ごめんね~!と言ってくれます。
ドアも開けて待っていてくれるし、
目が合えば条件反射のようにキュッと口角をあげてくれる陽気なアメリカンも。
私の下手な英語にも、耳も体も傾けて聞いてくれる姿勢には感動します。

こういうアメリカを知れたことが大きな収穫で、
昔一人で旅したNYで、少し差別されて悲しかった記憶を
綺麗に塗り替えてくれたのでした。

大人の街、サンフランシスコ

サンフランシスコに住まう友達は、日本よりも住みやすいかも!と。

日本のように大多数が中間層に属し、人種が入り乱れない島国では
少しの違いで『平均』という暗黙のレールから
大きく外れてしまうような不安を私は感じることがあります。

例えば、冬のセンター試験や黒いスーツで一斉に行う就活などは
アメリカでは見られない景色で、日本の風物詩とも言えます。

20代後半になれば、そろそろと婚活という言葉が流行り、
結婚したら子供はいつ?といったように、

一般的な年齢ではこれが普通だよ!という暗黙の、
皆が通るレールが色濃く存在しているような気がします。

そのレールから少しでも外れると、再就職がとても難しくなったり
年齢を重ねるごとに、年相応ではないのでは?という不安が少なからずあります。

こういうのが全く感じられない、
突き抜けて人生を楽しんでいるアメリカの人々の様子に、
個人主義的で周りの目を気にしない自由さは良いことだなと感じます。

歴史の成り立ちからも分かるように
人種の坩堝であり違っているのが当たり前という日常。

(アメリカで初めて同性婚を認めたのもサンフランシスコでした。)

歴史的に狙われやすい立地にあり、いろんな人種が移住し、
日々アイデアが生まれ栄えてきた街サンフランシスコ

揉まれてきた分だけ、精神的に大人な街なのかなと感じました。

サンフランシスコの人々の休日

ゴールデンゲートブリッジの側に広がるプレシディオの海岸を歩くと
サンフランシスカンの休日風景を見ることが出来ます。

パラグライダーのような帆で引っ張られるカイトサーフィン
自分の車から手際良く機材を取り出し、波に乗る格好良い姿は見ていて飽きません。

またのんびりとサーフボードに立って漕ぐ、サップをする人達
腰まで海に入りながら長い釣り竿を垂れた釣り人達

観光地で流行るジェットスキーのような激しさではなく、
皆一様にエコな遊び方を楽しんでいることがこの海岸の特徴です。

愛犬を散歩させながらジョギングするカップルも多く、
飼い主にぴったりとくっつきながら嬉しそうにボールを海に向かって取りに行く姿は
見ていてこっちが幸せになる風景です。

地元で愛用されるオーガニックなお店

アメリカ西海岸発祥のスーパー、トレーダー・ジョーズ

健康に気を配った品質の良いオーガニック食材が所狭しと並んでいます。
ヨーグルトやサラダ、チョコレートに蜂蜜、紅茶など
カラフルなパッケージに包まれた種類豊富なオーガニックフードは
選ぶ楽しみもあり、プチプライスなのでお土産にも喜ばれること間違いありません。

Trader Joe’s 公式サイトより
私も愛用しているオーガニックコスメ、100%pure

10年前カリフォルニアに住む女子大生が、
化学物質を一切使わず全て食べられる食材だけで開発した化粧品です。

肌に負担の少ない成分で、野菜や果物から作られたコスメは発色も良く
気取らないパッケージと手頃な価格
健康的でお洒落なサンフランシスコ女子を始め世界でも人気です。

100%pure 公式サイトより

住人に愛されてきたサンフランシスコの豊かな自然と環境

都会でありながら豊富な森林が残されている海辺の街サンフランシスコ

友達が住むプレシディオを始め、
多くの国立公園が人々の手で守られ昔と変わらない姿を残しています。

環境保護を考え、
最近になってプラスチックバッグを控えるような取組がありますが、
ここサンフランシスコでは10年も前に全米で初めて廃止をしました。

また今ではサンフランシスコのシンボルにもなっている
環境に優しい公共機関、ケーブルカーや路面電車も
大地震で一時撤廃に追い込まれましたが、
市民の手によって保護されてきた歴史があります。

サンフランシスコのアトラクション!レトロ可愛い乗り物で楽しむ景色

この旅で、そこで暮らす彼女の目線でサンフランシスコに暮らし、
大好きになってしまいました。

新しい魅力を発見するサンフランシスコの旅を楽しんで下さい!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です