サンフランシスコから4時間!ヨセミテ国立公園へ出発

アメリカは広い!友よありがとう!私も国際免許取ろうと決意した瞬間です。
ベイブリッジを通過して南へと下ります。
サンフランシスコから車で走ること4時間、

片側5車線の車道、高速でもないのにみんな90キロは当たり前。
ヨセミテへ向かうまでの、車窓から広がる雄大な自然にもう圧倒されまくりです。
サンフランシスコから車で約4時間、すでに5回はヨセミテへ来ている友人一押しのホテルに到着!

Yosemite Bug Rustic Mountain Resort

通称バグホテル
虫がいっぱい!?ということの名前なのでしょうか。(確かに標本は沢山飾られていましたが。)

国立公園内の宿泊施設はどこも高価。。。
なのでエントランス外に位置するこのホテルは、値段の割に食事も美味しく施設も申し分ない。他の宿泊施設に比べて約半分の値段で泊まれました。

小さなフロントハウスでチェックインを済ませ、二戸一になったテラスハウスが点在する森の中で自分たちの部屋を散策します。

小さくて可愛い、清潔感ある内装と設備のあれこれ

トイレバス付が一部屋で$150
宿泊人数は決まっていないので、この大きさのベッドなら4人でも泊まれそう。
スプリングもダブルになったしっかりとしたセミダブルのベッド

部屋はカントリー調、野鳥の絵が沢山飾られ、白い籐の家具に花が飾られています。片田舎の叔母の家へ遊びに来たような感覚。
部屋は小さくても掃除が行き届き、バスタオル、フェイスタオルも多めに設置され、シャンプーやボディソープ、ヘアドライヤーも完備でとっても快適。冷蔵庫もあるので買ってきたジュースや食べ物も冷やせるのがありがたい。

食堂の下には$12でサウナ&スパにも入ることが出来ます。朝10時から夜10時までならいつでも入れるので、時間によっては貸し切りで入れそうです。
お風呂好きの日本人にとっては嬉しいサービス!ヨセミテをハイキングした後の疲れた体にはぴったりの贅沢です。

食堂のお料理のはボリューミー!

食堂は暖炉があり、山小屋に来たような雰囲気。
夕食にチキンサンドイッチを注文し待つこと10分。
しかし運ばれてきたのは巨大なハンバーガー!!!
(アメリカでハンバーガーというのは牛のみに使うそうです。知りませんでした。。。)
ボリューミーなハンバーガーは二人で1つでも十分なほど、パテの味付けも美味しく挟まれたたっぷり野菜もとても美味しい!
飲み物コーナーには持ち帰りBOXまで用意されているので、残りを朝ごはんにしました。

デメリットは2つ!!!

無料WIFIが恐ろしく遅いこと!!!!
そしてコテージであるがゆえに、駐車場が近く深夜の車の出し入れやトランクの閉める音が気になることがありました。
友人は爆睡だったので、私のような神経質は駐車場から離れたコテージに当たることを祈るのみです。

夜空ノムコウは満点の星空

大自然に抱かれたロケーションで一泊する醍醐味は、やはり輝く夜空をひとり占め出来ることではないでしょうか。
当たり前の照明が全く無い、真っ暗闇で虫の鳴く音に耳を澄ませ、ピンと張りつめた冷たく澄んだ空気には心が洗われるよう。
バグホテル内の山道を5分程車で走らせる頂上が、ビュースポットと聞きましたが、コテージの横からでも満点の星空に流れ星を見つけることが出来ました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です