快適!アシアナ航空エコノミーで10時間フライト(機内食と活用方法)




初めてのアシアナ航空で一人旅。
往復共に機内は満席お礼!
乗る側にとっては、多少空いているとありがたいのですが。。。
くー!!!!値段が格安だったのでしょうがない!と腹をくくった10時間、
仁川国際空港8時間乗り継ぎも結果から言うと、とても快適に過ごせました!

エコノミー座席は、前回のエミレーツ航空に比べてなんだか少し広い気が!
気のせいでしょうか。
液晶画面も大きく、日本語表記に変えられるので操作も快適。
日本語吹き替えの映画は若干少ないですが、
最新の見たかった映画も見れてラッキー!

お水も機内に持ち込みませんでしたが、
頻繁に水やお茶にジュースと
スチュワーデスさんが回ってくれたので必要ありませんでした。

1つめのフライトは関空から仁川空港まで1時間45分のフライト。
ANAと共同運航便とのことで日本人スチュワーデスさんも居て、機内アナウンスも日本語でありがたい。
驚いたのは、たった1時間45分のフライトに、往復共に軽食が出されたこと。
(メニューは1つのみ、飲み物だけ選ぶことが出来ます。)
韓国コチュジャンが添えられたスパイシーなチキンと炒飯は美味しかったです。

仁川空港とサンフランシスコまでは、行きは約10時間、
帰りは偏西風に逆らって戻る為約13時間。その間に2度、機内食が出されました。

帰りは深夜12時に出発するので、搭乗後機内食は出されないと予想するも、
出てきました!
長期フライトの場合、
機内食がどのタイミングで出されるのか分からず困りますよね!
決まりでは搭乗後1時間後着陸する2時間前
機内食は出されるようになっているそうです。


乗って晩御飯として出されたビビンバです。
私が乗った時は、韓国メニューか洋食の2択で選べるようになっていました。

韓国メニューでは、
お決まりのようにスパイシーコチュジャンが一緒に添えられ、
お肉はほぼチキンが多く、お野菜も豊富なのは女性にとって嬉しいです。


朝ごはんには洋食メニューを選択してみました。
ほくほくのオムライスにマッシュルーム、パンとヨーグルト、
果物が付き寝起きの疲れた体に染み入る甘さでした。

今回初のアシアナ航空、
事前にアシアナクラブに入会しました。
もちろん入会は無料、マイルを貯めることが出来ます。
何より良かったのは
座席指定が出来ること事前チェックインが済ませられることです。

座席指定が出来るので、一番窓際や通路側を選べるのはもちろん、
当日の混み具合も確認することが出来るのが安心。

また、簡単な事前チェックインをパソコンやスマホで完了すれば、
通常空港には3時間前に着くことが鉄則と言われていますが、
1時間前でも十分でした。
空港まで朝はゆっくり準備出来るし、
現地での滞在時間を有効に使うことも出来てやって損なし!

皆様素敵なフライトをお過ごしください!!!


コメントを残す