新婚旅行で訪れたエーゲ海クルーズ旅行(決定から滞在までの記録)



30歳、無職と派遣が結婚し4回目の夏を迎えるころ

なんら新鮮味に欠けた、遅すぎる新婚旅行へいそいそと準備を始めた。

ええ年しても二人でいつも無計画に人生を進めて、
今回のクルーズ旅行も出発日のたった2か月前に梅田HISのクルーズプラネットへ駆け込み
残1!!!!
なんか知らんけど、ついてるや~ん!!!!!っとはしゃぎながら、
他の旅行会社を検討することなくその場で速申し込みをしたのでした。。。

クルーズ船についてちょっとした講座なんかも楽しめるようですが、
時すでに遅し( ゚Д゚)

なんとか希望の時期に希望の国のあるエーゲ海をおさえられたことで良しとしよう。


ギリシャ本土とトルコの間に横たわる、独特の深い青色をしたエーゲ海
古くから世界中の人々の憧れのヴァカンス地だったそうです。

大小2000以上に及ぶエーゲ海の島々にはそれぞれ独自の文化や歴史、自然の造形物があり、
地元ギリシャ人のヴァカンスでは
毎年のようにお気に入りの島を訪れ、決まった宿で過ごすのがスタイル。

夫婦初めての海外旅行
クルーズ旅行の申し込みがHISカウンターでは出来ないことも知らなかった私達。

クルーズ船にカジュアル船とフォーマル船があることも知らず、
夢だったサントリーニ島がヨーロッパのどこにあるかも分かっていなくて決めたエーゲ海クルーズ。

後から思うともうちょっと考えて行動しとけば良かったな~ということも多々ありましたが!
とにかく一生分の美しい景色を見つくしたのではないか!?
と思うほど驚きの世界が広がっていました。

ここに記録することが役に立てば嬉しいです。

一般的には半年前に申し込むのが一般的、
特にクルーズは早期割引プランが豊富なので、私達のように飛び込まず!
思い立ったらすぐに!キャンセルしても早めなら大丈夫な所も多いので、
うまく比較して欲しいと思います。

クルーズ旅行したいけど、どこの国に行こうか?どこの会社のプランに申し込もう?どのクルーズ船にしようか?と悩む方へ、
また日常生活に疲れた方へ、こんな素敵な世界が海の外に待ってるよ~!
というのを知ってもらえたらな~と思い残します。

関連記事

 


コメントを残す